リスクの大きさというのは大きな投資に連動してきます。リスクが小さいというのはローリスクでローリターンが挙げられ、リスクが大きいというのはハイリスクでハイリターンが挙げられます。前者の例で言えば建物を建てない土地活用が考えられ、具体的には駐車場経営や太陽光発電などがあり、後者の例でいうとマンション経営などがあります。

■将来的な需要の変化を予測する
リスクを考えた時に重要なことは将来的な需要の変化に対応できるかということになってきます。マンション経営であれば、その地域に住む人たちの属性が変わるのか、近くに同じようなマンションが建つ可能性があるかなどを予測する必要が出てくるでしょう。

土地活用の方法をリスクの大小から見るとどの方法がいいのか?

こういうことが出てきたときに、どれだけ自分たちが対応できるかというのが収益が挙げられるかどうかのポイントです。最悪の場合どうなるのかということが想定できなければその時になって対応するというのは難しいでしょう。

コンサルテーション=アパート経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

■少ないリスクでうまい具合に土地活用を行うためには
誰でもリスクなしで土地活用を行うことはできません。土地活用を行わない場合であっても、土地には固定資産税がかかりますし、地価下落のリスクというのもありますので、どちらにしてもリスクがないということはありません。リスクを少なくして土地活用を行うとしたら、初期投資を軽減したり、得られる収入がたとえ少なかったとしても安定して収入が得られるものにするべきでしょう。

■自分がどれだけリスクが取れるのかによって決めてもいい
リスクというのは収益が得られない危険性のことを指しますので、大きなリスクが取れるのであれば、大きな投資をすればいいでしょうし、そんなにリスクが取れないのならば、元手がかからないような土地活用を行えばいいでしょう。

◆土地活用の方法を予算や費用から見るとどの方法がいいのか?
土地活用の方法としてはいろいろな方法があるわけですが、予算や費用が少なくてもできるやり方というのも中には有るはずです。それでも土地や建物には担保価値がありますので、それを担保にしてお金を借りることによってできる限り自己資金を少なくすることも可能です。ただし、借入金が多くなる場合は利子も付けて返済する必要があります。

■費用負担が小さい場合は収益性が小さくなる
小さい費用負担で済ませたいというのであれば、持っている土地だけを貸すのが一番いいわけで、借主さえいれば簡単に始めることができるでしょう。駐車場経営もやり方次第で初期投資を抑える方法があります。一番安い方法は舗装していない月極の青空駐車場で、一番高い方法は立体駐車場になります。

どの方法がいいのかというのは予算と需要から判断して決めるといいのではないでしょうか。トランクルームや太陽光発電についても、個人レベルの土地活用であれば数百万円ぐらいあれば十分に効果を得ることができるでしょう。その代わりと言ったら、費用負担が小さい分、収益性が小さくなるということになります。

■借入金によるレバレッジ効果が図れる
予算や費用を現金に限定してしまうと、リスクが少ないですが土地活用の幅が狭まってしまいます。しかし、土地と建物を担保にした借入金を使って土地活用を図ると、手持ちの資金よりも大きな資金で運用をすることが可能です。このことをてこにたとえてレバレッジ効果と言います。

■見かけ上の費用負担だけでなくいろいろな視点から検討しよう
初期費用が大きい方法が収入として得られる額が大きくなる傾向があります。費用負担が小さい場合はその代わり収益性が小さくなります。土地や建物を担保にしてお金を借りたら、成功した時に収益性の意味でレバレッジ効果が図れます。